南三重地域活性化事業推進協議会概要

南三重地域では、紀勢自動車道の整備までに実行すべき活性化策を官民が一体となって検討し、平成20年3月、「南三重地域活性化に関する提言書」を取りまとめました。
この提言にある重点施策を展開するため、平成20年5月に「南三重地域活性化事業推進協議会」を設立し、観光振興、産業振興、地域づくりに取り組んでいます。

【構成団体】
尾鷲市、熊野市、大台町、大紀町、南伊勢町、紀北町、御浜町、紀宝町、三重県、商工会議所、商工会、観光団体、企業等

【会長】
 河 上 敢 二 (熊野市長)

【事務局】
紀南事務所 熊野市井戸町371 三重県熊野庁舎内
TEL 0597-89-6172 FAX 0597-89-6184

紀北事務所 尾鷲市坂場西町1-1 三重県尾鷲庁舎内
TEL 0597-23-3784 FAX 0597-23-3785

※ 南三重とは・・・・奥伊勢地域(大台町・大紀町・南伊勢町)と東紀州地域(尾鷲市・熊野市・紀北町・御浜町・紀宝町)の8市町の総称です。

南三重地域活性化事業推進協議会協議会概要

設立趣意書

組織(組織図・委員名簿)

事業計画

事業実績

設立趣意書

  1. 三重県南部の奥伊勢・東紀州地域においては、低迷が続く産業・経済に活力を与え、また、災害時等に地域を孤立から守る「新たな命の道」となる紀勢自動車道の早期整備が最重要課題の一つであったところ、大宮大台〜熊野間が式年遷宮の平成25年度までに整備される見込みが明らかになってきました。このことにより、大きな効果が期待される反面、人口減少の進行や企業撤退といった地域活力の低下なども懸念されることから、地域をあげての対応が喫緊の課題となってきています。
  2. このため、平成18年11月、地域の官民が一体となった「紀勢道整備に伴う地域活性化検討委員会」が設立され、現状調査に基づき、地域が主導する形で、広域的な観点から観光振興や産業振興、地域づくりに取り組む活性化策の検討が行われ、平成20年3月には、統一イメージコンセプトや重点6施策を盛り込んだ「南三重地域活性化に関する提言書」が取りまとめられたところです。
  3. このような状況を踏まえ、南三重地域の官民に広く参画を呼びかけ、道路ネットワークが構築されるまでの限られた期間で、この提言に盛り込まれた「統一イメージを活用した情報発信」、「マイカー訪問客への対応」、「広域観光の推進」、「新たな交流スタイルの促進」、「道の駅ネットワークの推進」、「中京圏事業者との連携促進」の重点6施策を、広域的な連携を図りながら着実に推進していくため、「南三重地域活性化事業推進協議会」を設立します。

このページのトップへ

 

 

 

 

 

組織構成図

組織構成図

南三重地域活性化事業推進協議会  委員名簿(H26年度)

 

所                                     氏          名 分       野 出身区分 備   考
尾鷲商工会議所会頭 伊藤 整 商工 尾鷲市  

三重外湾漁業協同組合紀州南支所 常務理事

三鬼 晃 漁業

尾鷲市

紀北町

 
森林組合おわせ代表理事組合長 土井 恭平 林業

尾鷲市

紀北町

 
熊野商工会議所会頭 榎本 正一 商工 熊野市  
三重南紀農業協同組合代表理事理事長 山本 範光 農業

熊野市

御浜町

紀宝町

 
有限会社熊野市観光公社代表取締役  奥田 博典 観光 熊野市  
大台町商工会会長  大森 正信 商工 大台町  
大紀町商工会会長 奥川 拓 商工 大紀町  
南伊勢町商工会副会長 小山 康成 商工 南伊勢町  
みえ熊野古道商工会会長 藤村 達司 商工 紀北町  
紀宝町商工会会長 田尾 昭生 商工 紀宝町  
三重交通(株)専務取締役 竹谷 賢一 学識(交通) 企業  
         
尾鷲市長 岩田 昭人 行政 尾鷲市
熊野市長 河上 敢二 行政 熊野市
大台町長 尾上 武義 行政 大台町  
大紀町長 谷口 友見 行政 大紀町
南伊勢町長 小山 巧 行政 南伊勢町
紀北町長 尾上 壽一 行政 紀北町  
御浜町長 大畑 覚 行政 御浜町  
紀宝町長 西田 健 行政 紀宝町
       
県南部地域活性化局局長 亀井 敬子 行政  

オブザーバー委員

所                                     属 氏          名 分       野 出身区分 備     考
国土交通省紀勢国道事務所長 山根 孝之 行政  

中日本高速道路(株)津保全・
サービスセンター所長

小野 浩二 道路 企業  
県地域連携部長 福田 圭司 行政  
県農林水産部長 吉仲 繁樹 行政  
県雇用経済部長 廣田 惠子 行政  
県雇用経済部観光局長 田中 功 行政  
県県土整備部長 水谷 優兆 行政  
県松阪地域防災総合事務所 長谷川 耕一 行政  
県南勢志摩地域活性化局長 野村 浩 行政  
県紀北地域活性化局長 前田 繁樹 行政  
県紀南地域活性化局長 西村 文男 行政  
   
 

顧問

 

所                                     属 氏          名 分       野 出身区分 備     考
三重大学名誉教授 渡邉 悌爾 学識  大学  
東京未来大学准教授 石阪 督規 学識 大学  
 

このページのトップへ

 

平成20年度 南三重地域活性化事業推進協議会事業計画

地域で展開されている活動の情報収集、連絡調整

協議会、幹事会、ネットワーク会議等の開催

重点6施策の事業進行管理

  1. 統一イメージを活用した情報発信
    1 ネットワーク会議
    2 情報発信方策検討
    3 統一イメージを活用したPR
    4 シンポジウムの開催
    5 南三重HP作成
  2. マイカー訪問客への対応
    1 ネットワーク会議
    2 南三重ドライブガイド作成
    3 情報誌への情報提供
  3. 広域観光の推進
    1 ネットワーク会議
    2 観光ルート・景観スポット情報収集
    3 観光資源の磨き上げと食・宿のブラッシュアップ
  4. 新たな交流スタイルの促進
    1 ネットワーク会議
    2 地域づくり支援
    3 二地域居住等の新たな交流
    4 長期インターンシップ
  5. 道の駅ネットワークの推進
    1 ネットワーク会議
    2 道の駅等間の連携
    3 道の駅利用案内パンフレット作成
  6. 中京圏事業者との連携促進
    1 ネットワーク会議
    2 商店街との連携
    3 アンテナショップ的フェア
  7. 南三重地域のPR番組制作・放映

このページのトップへ