日本の清流百選

宮川(大台町・大紀町)

北山川(熊野市)

選定趣旨(目的)・説明
フジテレビのニュース番組「ニュースJAPAN」の中の「リバーウォッチング」コーナーで放映された全国の清流を百選として選定。

宮川『宮川』は、日本有数の多雨地域である大台山系を源流とし、流域の支流と合流し伊勢湾に注ぐ県下最大の河川である。
宮川の南三重地域の流域は、源流となる多気郡大台町と度会郡大紀町で、全国有数の清流として知られている澄んだ水は、古くから豊かな自然と文化を育み、今も人々に恩恵を与え続けている。

『北山川』は熊野川の支流で、流域は熊野市紀和町、和歌山県新宮市熊野川町(新宮市の飛地)、和歌山県東牟婁郡北山村(和歌山県の飛地)、奈良県吉野郡である。新宮市熊野川町で本流に合流、新宮市で熊野灘に注ぐ。日本有数の多雨地域である大台山系を源流域としている。豪雨と急流により削られた渓谷が続き、澄んだ水が流れる。下流には国の名勝天然記念物に指定されている「瀞峡(どろきょう)」があり、ここは吉野熊野国立公園の中でも特に美しいところである。北山川の上流域はかっては林業が盛んであり、急峻な地形から木材の陸路搬出が困難なことから筏(いかだ)を組み、筏流しによって下流に流した。

※宮川...宮川は延長91kmの一級河川である。流域は6市町に及びその面積は920k屬砲發覆襦
一級河川を対象とした国土交通省(旧建設省)の水質調査で、全国1位になるなど、全国有数の清流として知られている。
宮川と共に生き、地域の豊かな自然、歴史・文化を保全・再生しながら地域の活性化を図ろうと、2000年(平成12年)に官民一体となった「宮川流域ルネッサンス協議会」が設立された。

※熊野川...熊野川は、奈良県、和歌山県及び三重県を流れ和歌山県新宮市で熊野灘に注ぐ。延長183kmの一級河川。
熊野市紀和町の小舟地内から下流の南牟婁郡紀宝町の鮒田地内までの間は、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の川の参詣道として遺産登録されている。

・選定機関(者)
フジテレビ「ニュース番組『ニュースJAPAN』の『リバーウォッチング』より」

・環境庁(現環境省)推選

北山川:ドライブマップDエリア >>