南三重地域活性化事業推進協議会

南三重 景観ガイド

南三重の景観ガイド
大台町大紀町南伊勢町紀北町尾鷲市熊野市御浜町紀宝町
 » 御浜町の景観ページ

桃太郎岩

御浜町

桃太郎岩片川川上流にある高さ3m幅約6mほどの巨石。
桃が二つに割れたようなユニークな形で地域の人に親しまれている。
この岩のそばには、一枚岩のすべり台や淵があり夏場には水遊びも楽しめる。

このページのトップへ

阪本集落

御浜町

阪本集落世界遺産である「横垣峠」の出入口の里山集落。石積みされた棚田と山の稜線が織り成す里山風景は美しい。
稲作文化に育まれた伝統行事や江戸時代に築かれた土地改良遺産、石造物など歴史的遺産も数多く残る。紀州犬の発祥地でもある。

このページのトップへ

紀州犬

御浜町

紀州犬
イノシシ猟に用いられた勇猛な日本犬で御浜町阪本地区が発祥の地。
オオカミの血をひいているといわれ「弥九朗の犬」という伝説もあり、このお話は毎日放送系列の「日本昔ばなし」で全国に放映された。

このページのトップへ

引作の大クス

御浜町

引作の大楠引作にある引作神社のご神木。
幹回りおおよそ16m、樹齢約1500年余。紀伊半島でも最大の巨木。
明治44年に当時の政府の政策のため切り倒される運命にあったが、和歌山県が生んだ世界的な博物学者で自然保護運動の先駆者と言われている南方熊楠の保護活動により伐採が阻止された。三重県の天然記念物に指定され、「新日本名木百選」にも選定されている。

ドライブマップEエリア >>

このページのトップへ

下市木のいぶき

御浜町

御浜町下市木にうっそうと茂る県の天然記念物。
「みえの樹木百選」にも選定されている。
高さ約18m、周囲約5m、樹齢約600年この様な大木になるのは珍しいという。

このページのトップへ

風伝おろし

御浜町

風伝おろし初秋から冬にかけての早朝、世界遺産の熊野古道の風伝峠から吹き下ろす朝霧。
運が良ければみごとな"雲の滝"が見られる。
麓の尾呂志地区の名は風伝颪(ふうでんおろし)が転じたものと言われ、おいしいお米の里としてよく知られている。

ドライブマップEエリア >>

このページのトップへ

大台町 大紀町 南伊勢町 紀北町 尾鷲市 熊野市 御浜町 紀宝町