南三重地域活性化事業推進協議会

南三重 日本百選

南三重日本百選

ページ移動 前へ 1,2, ... ,5,6,7 次へ    7ページ中 6ページ目を表示

かおり風景百選

大台町

大台ヶ原のブナの原生林

選定趣旨(目的)・説明
豊かなかおりとその源となる自然や文化・生活を一体として将来に残し、伝えていくため花や樹木、潮風、温泉、果物などの自然の香りのほか、にかわ、墨、線香などの伝統工芸品など様々な分野から、かおり風景100を環境省が選定。

大台ケ原かおり風景の『大台ケ原のブナの原生林』は、多気郡大台町と奈良県吉野郡に跨る(またがる)大台ケ原に生育しているブナと、そして大杉谷の水の香りが相まって、大自然の景色を体全体で感じることができる。
香りの源は深い森と清流。季節は春から秋にかけてである。

※大台ケ原...大台ケ原は吉野熊野国立公園のなかにあり、標高1,694.9m(日出ケ岳)で、三重県の最高峰でもある。世界的に見ても多雨地帯として知られており、年間総雨量は4,000mm超える。
この大量の雨が動植物などの生育に大きな影響を与え、国立公園のなかでも規制の厳しい特別保護地区に指定されている。

※大杉谷...大杉谷は大台町の宮川の上流、大台ケ原山系の日出ケ岳の斜面に深く刻まれた渓谷である。原生林に覆われた断崖、豪快な滝と深い淵、激流などまさに秘境そのものである。大杉谷への入山には専門的登山技術、本格的な装備が必要である。

・選定機関(者)
環境省

・選定年
2001年(平成13年)

ドライブマップCエリア >>

このページのトップへ

日本の秘境百選

大台町

大台ケ原・大杉谷

選定趣旨(目的)・説明 
日本の秘境100選は、(株)ジェイティービー(JTB)が雑誌「旅」の創刊750号を記念し選定。

大台ケ原山は、三重県多気郡大台町と奈良県吉野郡に跨る(またがる)山で、吉野熊野国立公園のなかにある。
標高1,694.9m(日出ケ岳)。三重県の最高峰でもある。

大台ケ原頂上付近は平坦な山がいくつか集中していて『大台ケ原』と呼ばれている。世界的に見ても多雨地帯として知られており、年間総雨量は4,000mmを超える。
1日の降雨量が1,000mm近くになったこともあるという。
この大量の雨が動植物などの生育に大きな影響を与え、国立公園のなかでも規制の厳しい特別保護地区に指定されている。

『大杉谷』は、大台町の宮川の上流、大台ケ原山系の日出ケ岳の斜面に深く刻まれた渓谷で、吉野熊野国立公園のなかにある。
原生林に覆われた断崖、豪快な滝と深い淵、激流などまさに秘境そのものである。
大杉谷は黒部峡谷(富山県)、清津渓谷(新潟県)とともに日本三大渓谷の一つに上げられている。大杉谷への入山には専門的登山技術、本格的な装備が必要である。

・選定機関(者)
雑誌「旅」 (螢献Дぅ謄ービー)

・選定年
1989年(昭和64年)・・・図書発刊年

ドライブマップCエリア >>

このページのトップへ

日本百景

熊野市・大台町

熊野の鬼ケ城 附獅子巌 (熊野市)

大台ケ原(大台町)

選定趣旨(目的)・説明
大阪毎日新聞社と東京日日新聞社が日本を代表する100の景勝地を選定。

大台ケ原熊野市の『熊野の鬼ケ城』は、熊野灘の荒波に削られた大小無数の海食洞が、地震による隆起によって階段状に並び、熊野灘に面しておよそ1km続いている。
国の名勝天然記念物でもある。
また『獅子巌』は、高さ25m、周囲およそ210mの岩塊で、獅子が海に向かって吼えている様に見える。地盤の隆起と海風蝕により奇観を生み出した。鬼ケ城と同じく国の名勝天然記念物でもある。

大台ケ原山は、奈良県吉野郡と三重県多気郡大台町に跨る(またがる)山で、標高1,694.9m(日出ケ岳)。
三重県の最高峰でもある。頂上付近は平坦な山がいくつか集中していて、『大台ケ原』と呼ばれている。世界的に見ても多雨地帯として知られており、年間総雨量は4,000mmを超える。1日の降雨量が1,000mm近くになったこともある。

・選定機関(者)
大阪毎日新聞社/東京日日新聞社

・選定年
1927年(昭和2年)

大台ケ原:ドライブマップCエリア >>

鬼ケ城・附獅子巌:ドライブマップEエリア >>

このページのトップへ

日本百名山

大台町

大台ヶ原山

選定趣旨(目的)・説明
日本百名山は、登山家であり文筆家の 深田 久弥氏が日本列島の山から百座を選び、それぞれの山を主題として随筆にまとめ「日本百名山」(新潮社)として出版したことによる。

日出ケ岳

『大台ケ原山』

は、三重県多気郡大台町と奈良県吉野郡に跨る(またがる)山で、吉野熊野国立公園内にある。
標高11,694.9m(日出ケ岳)。三重県の最高峰でもある。
頂上付近は平坦な山がいくつか集中していて、大台ケ原と呼ばれている。

世界的に見ても多雨地帯として知られており、年間総雨量は4,000mmを超える。
1日の降雨量が1,000mm近くになったこともあるという。この大量の雨が動植物などの生育に大きな影響を与え、国立公園のなかでも規制の厳しい特別保護地区に指定されている。

・選定機関(者)
登山家・文筆家 深田 久弥

・選 定 年
1964年(昭和39年)・・・図書刊行年

ドライブマップCエリア >>

このページのトップへ

美しい日本の歴史的風土百選

東紀州全域・大紀町

紀伊山地の霊場と参詣道

選定趣旨(目的)・説明
美しい日本の歴史的風土100選は、古都保存についての理念の普及や啓発と歴史的風土の次の世代への継承、地域の観光振興などを目的に、古都保存財団が選定した。

波田須

『紀伊山地の霊場と参詣道』は、熊野三山(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称で一般的に「熊野古道」と呼ばれ、主に小辺路・中辺路・大辺路・伊勢路及び大峯奥駈道と、三重・奈良・和歌山の三県に広がる5つの道をいう。これらの道は2004年(平成4年)に世界で2番目の道の世界遺産として登録された。
三重県内の熊野古道である「伊勢路」は、伊勢神宮から南三重の大紀町、紀北町、尾鷲市、熊野市、御浜町及び紀宝町を通り、熊野三山までの約160kmで、江戸時代以降伊勢参宮を終えた旅人や、西国三十三カ所めぐりの巡礼たちが辿(たど)った、いわば庶民の道である。

※「熊野古道」5つの道...熊野三山へ向かう参詣道である。小辺路は高野山から、中辺路は田辺から、大辺路は田辺から串本を経て、伊勢路は伊勢神宮から、そして大峯奥駈路は吉野から前鬼を経てそれぞれ熊野三山へ向かう。

・選定機関(者)
(財)古都保存財団

・選定年
2007年(平成19年)

ドライブマップCエリア >>

このページのトップへ
ページ移動 前へ 1,2, ... ,5,6,7 次へ    7ページ中 6ページ目を表示